大槍(2007年6月下旬)

広告

ヘリで異動した先は槍ヶ岳東鎌尾根にあるヒュッテ大槍。
ヒュッテ大槍より
写真はだいぶ雪解けの進んだ7月下旬のもの。PowershotA80
標高は2884m。平均気圧は720hPa、おおよそ地上の70%しか空気がないことになる。生活しだすとこの空気の薄さはかなりこたえる

小屋開けはまず小屋のなかに詰め込んだ荷物を外に運び出し、雪の重さでつぶれるのを防ぐためのサポートを取り外す作業などが主なのだが、何せまだ身体が標高になれていないのですぐに息が切れる。

小屋全体も雪に埋もれているので除雪作業もしなければいけない。これも調子に乗ってやっているとやはり息が切れるし、雪の照り返しであっという間に日焼けしてしまう。

この時期の山小屋従業員は異国の人とおぼしき肌の色になっている。日焼け止めは必須である。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする