山小屋生活の始まり(2007年6月下旬)

広告

2007年夏を過ごした北アルプスの山小屋生活を今更ながら少しずつまとめてゆく。世間の人には驚きの山の常識なども書いてゆければと思う。

f:id:akira-oga:20061108131202j:image

2007年6月20日、燕岳の山小屋で働くために安曇野の秘湯中房の有明荘に前泊。

どちらも同じ経営なので掃除機をかける程度の簡単なお手伝いで泊まらせていただく。

中房は市街地から谷間を3、40分かけて入ってゆく、本当の奥地。

毎年11月下旬から4月下旬まではあまりの積雪のため閉鎖になる道路だ。なにせ道路は絶壁を縫うように通っており、そこについた雪が雪崩となり道路を塞ぐのだ。

f:id:akira-oga:20061108133443j:image

写真はどちらも2006年11月8日 PowershotA80

中房にある2件の宿、中房温泉と有明荘。

このうち前者は道路が封鎖されている時期にも雪下ろしのためにスタッフが数名残り越冬している。2007年夏の時点では携帯電話は通じず、衛星電話のみ(2007年末に光ファイバーが通り、それを利用したネット接続、IP電話、Fomaのアンテナができた)。

ここに来たのは2006年秋以来2度目。初回はわけもわからず友人と登った燕岳で働くことになろうとは。

ザック一つで夏を過ごす荷物をつめねばならないので僕の70Lザックは20kg超とすごい重量。本来は麓から中腹までケーブルカーで荷物をあげてくれるのだが前日にケーブルカーが壊れ、背負って登ることに。

ともに登るガイド役のスタッフKさんと、違う山小屋で働くMさんと翌朝登り始めた。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする