韓国・雪岳山(ソラクサン)でちょっと山登り

広告

雪岳山国立公園は韓国の日本海側(注)、緯度的には新潟や佐渡とほぼ同じ場所にある山岳地帯だ。ソウルからだと高速バスで約3時間でソクチョ市へ。

ソクチョは韓国内でも有数の観光都市で近隣にはリゾートホテルも多い。田舎の港町のため、地元の人と話すとのんびりした雰囲気を感じる。ロシアとの定期航路もあり、チムジルバンなどへゆくとロシア人と思しき外国人も見かけることがあった。
Seorakusan national park
雪岳山へは市街地から路線バスに乗り20分ほどでたどり着く。公園の手前には営業をしているのかしていないのかわからないような安っぽい寂れた建物がいくつもあって、リゾート地を目指したけれど、断念したのかなという印象を受ける。

園内に入ると長野県にある上高地を小さくしたような、山に囲まれた平地が続く。ただ自然公園としての品格はまだたりない。変な音楽がかかっていたり、動植物の説明をする案内はなかったり、そこらに植樹したっぽい木々があったり(日本もまだ未熟な分野なのであまり偉そうなことは言えない)。

観光客など初心者向けに作られたロープウェイで最寄りの山 – 権金城(クォングムソン)へ登ると素晴らしい眺め。まだ残雪残る尖った峰々が続く。
今回は時期も半端なので立ち寄っただけに終わったけれど、本格的な登山を楽しむルートもあり、水墨画のような岸壁の美しい風景が楽しめるという。また来よう。

雪岳山国立公園(konest.com)
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=2483

雪岳山国立公園入り口にて
*注1,韓国では東海(トンヘ)と呼称する。国の利害が絡むところなのでその呼称でもめているらしいけれど。。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする