タイ料理を食べる@阿蘇ハーブファクトリー

広告

阿蘇山の麓にある阿蘇ハーブファクトリー(阿蘇薬草園)でタイ料理を食べてきました。
シェフ ワラさんの祖母はもともとタイ王宮の料理人をされてて、シェフ自身は日本人の奥様と結婚しつい最近まで都内でお店をされていました。
現在は熊本に居を構え、タイ料理のワークショップを開催されています。

阿蘇薬草園

化学調味料とかマズイし

中国料理に化学調味料(味の素みたいな)がガンガン入っているのは有名ですが、タイ料理もいっぱい入っていて、さらに日本にあるタイ料理屋の場合は日本人向けに味を変えていて、タイ人的には美味しく無いそうです。タイ料理はもともとハーブがふんだんに使われていて、薬膳料理のようなものなのですが化学調味料が当然のように入り、またハーブの配合も変わっているのでは本来の薬効は期待できないような気がします。

旨い!

ワラさん的には配合はオリジナルのレシピそのままで辛みのみを減らしたものを作っているそうです。
僕もタイにいる間にそれなりにタイ料理を食べましたが、このマッサマンカレーは旨味が豊かでほんと身体にいい感じ。あとからだんだん辛くなってくるんですけども(´・ω・`)
マッサマンカレー

本職はDJだけど

この日一番の事件は、ワラさんの言葉。
「料理は趣味なんだよね。本職はDJなんだ」
タイ人にしてはやたらと英語がうまいなーと思っていたら(日本語は少しだけ)、なんとヨーロッパなどにも遠征にゆくようなDJが本職なのだそう。いや、それ、一番びっくりやで。。

そのため英語もうまいのだそう。なるほど。
warasann

阿蘇ハーブファクトリー(阿蘇薬草園)

バンサバーイ東京

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする