京都の街角で – 路上スナップ

広告

写真家森山大道は町中の日常的なスナップ写真がよく知られている。
特に使うカメラもこだわっていなくて、ハイスペックカメラにこだわるプロ・アマカメラマンに対するアンチテーゼのようにレンズ付きフィルム「写ルンです」での撮影による写真展も行うこともある。

彼は路上スナップのコツとして、とにかく『撮る』ことを薦めている。
それにならって京都烏丸駅から烏丸御池駅までの1キロ弱を歩きながら写真をたくさん撮ってみた。


モノクロの写真は色という情報が減るぶん、被写体の持つ存在感を伝える力が増すような気がする。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする