旅に使えるMac・ガジェット・VPNアプリ 2014年8月版

広告

長期の国内外含めた放浪の旅にでもなんとかなる!PC周りの装備を紹介する。
旅の荷物概要編の記事の続き。

Macbook air

昨年秋にMacBook Air13インチ(2013)に乗り換えた。Apple storeでUSキー、メモリ増設をしたカスタマイズ品。USキーは一度使いはじめると手放せない。デザイン的にもキーに日本語が書かれているよりシンプルでカッコイイ。Airの前はMacbook pro(2011, i5,USキー)を使っていたがAirに比較すると1kgほど重く、長期の旅だとその差は大きい。MBPはHDDをSSDに換装し、メモリを8GBに増設していたので処理速度自体は十分に早く、体感的には今のAirとほぼ同じ。ちなみにそのMBPはヤフオクで8万円で売れた。Macはリセール価格が強いのもオススメポイント。

写真だけならばAirだけでなんとか処理はできるのだけど動画編集を行うようだと苦しくなる。動画も扱うようならMacbook proも選択肢。

公衆無線LANではVPNは使ったほうがいい

VPNはVirtual Private Networkの略で仮想的に自分専用のネットワークを作ってくれる。そうすることで悪意のある人があなたの通信を盗み見たりできないようになる。

導入したVPNソフトはHotspot sheildというもの。Amazonでパッケージ版(ソースネクストWi-Fiセキュリティという名前で販売)が売っているのでそちらを買うとPC,Mac,スマホ(AndroidもiPhoneもiPadも)など5台まで保護できる。自宅と職場のみでしか使わないならば必要はない。

ようやく空港でもフリーWi-Fiが整備され、関西や福岡ではシティWi-Fiという名で公衆無線LANが整備されてきて便利になってきたがそのリスクは確認しておいたほうがいい。

モバイル無線LANルーター + MVNO sim

Pocket wifi GP02にOCN モバイルONE simを入れている。
月額900円で、一日あたり50MBの高速通信、超過後は200kbで通信ができます(高速通信の限度は各プランあり)。

GP02はsimフリー端末なので海外へ出た時も現地のSimを挿せばそのサービスを利用できる。LTEに対応している端末、あるいはLTE SIMフリータブレット(Sony Z ultra C6833など)に乗り換えるという考えもある。この記事を書いた時点では少しネット周りを不便にしよう、という意図もあったのでこれで頑張っている。重たいPC作業が重なるときは友人宅の回線を借りたり、コワーキングスペースなどを利用する。

タブレット・・今のところはKindle Fire HD

これもあまり便利になりすぎないように、そして無駄なお金を使わないように、という考えから選んだ。
Kindle仕様にカスタマイズされたAndroidOSなのでAndroidアプリのすべてを使えるわけではない。電子書籍端末で、ついでにメール受信もネットもできちゃう程度の端末である。

350gと片手で持つにはかなり重たい端末なので、GP02とkidle fireを手放し、ソニーのタブレットSony XPERIA Z Ultra に乗り換えると便利だろうなと物欲と戦っている。恐らく400g近く軽くなり作業も早くなるだろう。

おまけ

SBiphoneからMNPで乗り換えた、auガラケーGratinaを月額500円で運用している。登山にゆくならガラケーの電池の持ちは捨てがたい。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする