赤とんぼ。

広告

今年の尾瀬の8月は涼しい。朝晩は長袖でなければ寒いくらいだ。
「昔は東京でも『暑さ寒さも彼岸まで』って言葉が当てはまったんだけど、今は残暑が酷くてねぇ・・」
北海道二股ラジウム温泉で出会った70代のおじさんの言葉を思い出す。赤とんぼは飛び回り、すすきの穂が出はじめ、春とは打って変わって森の木々から育とうという力は感じない。もう秋の準備のようだ。

赤とんぼ
あれだけ目の敵にしていた登山道沿いのササも軽く力を加えるとポキっと折れてしまう。もう水分を減らしているようだ。

四季があるって美しい。

久しぶりにやってきた奥尾瀬 渋沢温泉小屋にて。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする