最悪の旅のはじまり

広告

最悪だった。
昨晩空港のベンチで寝るときの疑念は今朝目覚めたときに確信へと変わった。
洗面台の鏡の向こうから僕を見つめる40手前のおっさんは寝起きなことに加えて不機嫌になる。

事故を起こす要因

そもそも荷造りの時点で「もう旅慣れているからなんとかなるさ」という傲慢があったのだ。株式投資だろうと登山だろうと旅だろうと事故を起こす要因は同じだ。

  • 自分なら大丈夫という傲慢
  • ろくに準備も下調べもしない無知
  • 誰かが言っていたからという依存

これらが単独ではなく、複数あてはまると事故の確率は跳ね上がる。今回は「傲慢」と「無知」だ。くそ!

escremento!!

筒井康隆の作品に「おれの血は他人の血」という小説がある。
普通のサラリーマンだった主人公があるときヤクザの抗争に巻き込まれ危機に陥る。そのとき突如彼に秘められていた力が目覚め、ヤクザ達を血祭りにあげる。そのときあげる叫び声が「エスクレメント!!」という言葉だ。彼自身にはどういう意味の言葉なのかわからないし、そもそもそんな力を持っている理由もわからない。

やがて彼は子供の頃のあることからその力の理由を知り、言葉の意味にたどり着いてゆく。イタリア語で「くそったれ!」という意味だ。まさに今朝の僕の気分は最悪。escremento!!

おじいちゃんが遺した旅の10の心得

10歳の頃に父方の祖父が亡くなった。
旅好きな人だったらしく、書斎には旅や民俗学、冒険家の本が遺されている。僕は小学生の頃からその書斎に潜り込み本を読んだ。子供には意味もわからない言葉も多く、旧仮名遣いの本もあったけれど写真集や画集などは眺めているだけでも楽しかった。僕の写真好き、アート好きはこの頃に育まれたのだろう。

小学校の校長で元々国語教師だった祖父は退職した後に旅行記を何冊か書いた。
その中に記されている旅の10の心得を僕は今も大事にしている。

「旅に出かけるときは歯ブラシを忘れるな」

大事な心得を破ってしまった。おじいちゃんに謝らなきゃ!くそったれ!

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする