北アルプスが一望!大町市山岳博物館

広告

立山アルペンルートの玄関口大町市の山岳博物館へ行ってきた。

JR大糸線信濃大町駅から徒歩15分ほどの丘の上に立つ市営の施設だ。週末ではあるけれど11月中旬も迫り、町中に人は全然いない。びびるほどいない。マジでいない。

エレベータードア

駅周辺のゆったりした作りや駐車場の充実度などから最盛期の混み具合がなんとなく想像できる。観光案内所のまえに登山届けポストがあるのは素晴らしい。

山岳博物館も閑散としていて1時間以上いたけれどほぼ貸切状態。三階の展望室からは鹿島槍や白馬などの後立山の山々が一望でき気持ちよい。
山岳博物館から北アルプスをのぞむ
三階の展望室、二階は北アルプスの地質や成り立ち、生息する動物たちの展示がある。一階は山を開拓した人々の歴史資料や針木岳旧大沢小屋の復元展示。現在開催中の山岳絵画展などがあった。

動画解説が充実しているので一度は立ち寄ると山への理解が深まるかと。一度行けばまあ十分、とも言えるのだけれど。

大町市山岳博物館

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする