LCCスクート搭乗記 香港〜シンガポール・チャンギ空港へ

広告

東南アジアの空港でよく見かけるLCCスクートに初めて乗った。アジア最高のLCCという評価の通り、超オススメ。

ポイント

・大型機ボーイング777-200を使用し、広々。足元も楽ちん
・安い。2週間前の予約で香港ーシンガポール、742HK$
・メディアが充実
・CAさんもふつう。
・料金体系は一般的なLCC型。預け荷物や食事を増やすと値段は上がってゆく


Scoot Boeing777-200 9V-OTD RJAA

B777は広い

LCCとしては珍しい大型機B777-200なので広い。シートの質感はエアアジアXと同じレベルのそれなり。
3〜4時間の中距離路線だったのでさほど疲れることもなく過ごせた。

安い

2週間前の予約で香港ーシンガポール、742HK$(=約11000円,預け荷物追加20kg)と安かった。
旅のプランを決めるのがもう少し早ければぐっと安価に済むだろう。

今回はおみやげ用に預け荷物もあったので(普段は機内持込みで済ませる)予約時にFlybagというプランを選ぶ。
食事をつけるともちろんもう少し高くなる。預け荷物がなければFlyというプランを選択。

サービスを追加すれば高くなってゆく、といういたって普通のLCC型料金体系。

コチラのサイトが詳しく書かれているので参照アレ。

メディアが充実

scoot media
スクートは大型機B777-200を使っているとはいえ、座席にモニターはついていない。その代わりに機内Wi-Fiを利用した有料コンテンツが取り揃えられている。説明をみたところによるとCAさんから利用料金を払い、乗客が持参しているタブレットやスマホで機内Wi-Fiに接続、パスワードを入れて閲覧するという方式。

試しにぼくが持参したXperia Z ultraで購入しないまま機内のWi-Fiに接続を試みると、お客様の端末のブラウザには対応していませんとの表示があった。MacやWindows、iPadなどはほぼOK. Androidは一部の機種しかサポートしていないらしい。
64bitブラウザはアカンとの表示あり。あれ、最新Macもダメか?

シンガポール拠点の会社なのでそちらの映画が多いようだけど、英語のものもあれば日本作品も少しあった。

Life見たかったなぁ。

Scoot公式

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする