チェンマイ コワーキングスペース系だらだらカフェCAMP

広告

チェンマイのコワーキングスペース第2弾。ショッピングモールMAYA
5階にあるCAMPはITノマドにも読書にも最適のだらだら系カフェだ。

ニマンヘミンMAYA

チェンマイの若者の町ニマンヘミンの入り口に1年前にできたショッピングモールMAYA。ブランド店のテナントがあり、シネコンもあり、実に今どきの建物だ。個々のお店も観光客で賑わう旧市街とは打って変わってオシャレな店が多い。

maya

地下の飲食店街はそのわりにお手頃な価格帯で50バーツ(170円ほど)でふつうの食事ができる。
(タイのショッピングモールにあるフードコートは清潔で安価なことが多い)

そのMAYAの5階にあるのがCAMPだ。

CAMP

携帯電話会社AISが運営しているこのカフェの広い店内には英語のペーパーバッグの書棚があったり、寝転がれるツリーハウス的なスペースがあったり、もちろん普通の座席もあったり各々のスタイルでくつろげる。

camp menu

テラスからはドイステープ山の姿を眺められるし、夕日もきれいだ。

maya campからドイステープ

チェンマイ大学が近くにあるためいつ行っても大学生が勉強しているし、あるいはぼくのように外国人がパソコン仕事をしている。広い割に定員が3名程度しかいないため、気兼ねすること無く昼寝することもできるし、仕事もできる。

さらには24時間営業のため、あれ、ひょっとして住める?というレベルである。もちろん住まわれるのは店も困るので(´・ω・`)、Wi-Fiに2時間利用可能という時間制限がある。
IMG_9225IMG_9226
50バーツ以上の買い物をするとその度に2時間分のWi-Fiを発行してくれる。ドリンク類はもちろんケーキや軽食も用意されている。

新築のショッピングモール内にこの面積・コンセプトで経営が成り立つのかしらん、とは思うが携帯電話会社のプロモーションも兼ねているだろうからいいのかな。

コワーキングスペースとして使うにはプリンターがないのが欠点か。前回紹介したPunspaceほどガチではなく、気軽にパソコンしたい人が来るところかな。

CAMP – Creative and Meeting Place
(Maya lifestyle shopping center 5階)
24時間営業
コーヒー50バーツ〜

東南アジアコワーキングスペースシリーズはコチラ

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい