チェンマイのコワーキングスペース @punspace を利用してみた:とってもいいぞ!

広告

チェンマイに出来たばかりのコワーキングスペースを利用してきた。
場所はチェンマイに来たら最初にゆくであろうターペー門から徒歩3分、Pun space(パンスペース)だ。

  • 安価で静かなスペース
  • Wi-Fi安定&速い
  • 24時間営業
  • 食事をとりにゆくにも便利な場所

とってもイイよ!Pun space!!

おそらく古い倉庫をリノベーションして作られたこのスペース。
前年ニマンヘミンにできたところが好評で二号店となったようだ。
Punspace ターペー店

1階には小さなカフェとロッカー、スカイプ用の個室が3部屋(もちろん電源付)、トイレとシャワー、ミーティングスペースがある。

2階は広く落ち着いた空間に四人がけの大きなデスクが5つ、そして写真のようなのんびり系チェアスペースもある。プリンタはepson L550が一台ありWi-Fi経由で接続できる。

ロッカースカイプルーム

今回はビジター利用だったので会員登録をしてWi-Fiパスワードをもらう。受付の際はパスポート等身分証明書が必要になる。

アクセスポイントは3つあるので収容人数がおよそ30人ほどということを考えると不足することはないだろう。

2階には簡単なキッチンスペースがあり、インスタントコーヒー、紅茶、ウォーターサーバー、常温の水、ビスケット、飴ちゃんが無料でいただける。

またカップヌードルなどの簡単な食事もセルフサービスで利用することができる。大きな冷蔵庫にも何か入ってたようだ(ソーダとかだったかな^^;

利用者は欧米人が主流

そもそものターゲットがロングステイなどの欧米人なのでこの日いた方々もそちら系。基本フリーランスの方が多そうだったがチームの方々も見られた。

物価上昇が続いているとはいえ、まだまだチェンマイの物価は安いし、ネット環境もよく、英語も通じる。スタートアップには最適な環境だろう。

料金表

Pun spaceのサイトを見れば済む話だが簡単に紹介。
1バーツは3.7円(2014年12月初旬のレート)で計算している。

  • 1ヶ月会員 3,499バーツ (≒13000円)
  • 3ヶ月会員 8,999バーツ(≒31500円)
  • 6ヶ月会員 15,999バーツ(≒59200円)
  • 1年会員  27,999バーツ(≒103600円)
  • 1日パス 199バーツ(≒740円)
  • 10回券 1,899バーツ(≒7030円)
  • 20回券 3,599バーツ(≒13300円)
  • 1週間券 1,499バーツ(≒5550円)

長期利用になればミーティングルームの利用権がサービスでついてくる。

1日利用以外は今回訪れたターペー店でもニマンヘミン店でもどちらでも利用可能になっている。

またプライベートオフィススペース契約もあり、そうするとディスプレイ等必要な物をおいておくこともできるようだ。

食事にゆくには便利、でも冷房には気をつけろ!

タイのお店はどこでもそうだがここも冷房はアホみたいに効いている。必ず上着などを持参したほうがいい。ぼくの場合は帰宅後しばらく具合が悪かった(冷えて)。そこだけが唯一の欠点である。あと言うまでもなく日本語は通じないので受付時に最低限の英語は必要だ。

繁華街の裏手にあるのでちょっと歩いただけでいくらでも飲食店がある。ベジタリアン料理あり、マクドナルドあり、スタバもあり、地元向けタイ料理もあり、銀行ATMも、タイマッサージもいくらでもある。

チェンマイの場合、田舎都市なのでオフィス街らしいところがなく、ガッチリと仕事をしたい人にはありがたい場所になりそうだ。

Pun space – a co-working space in Chiangmai Thailand

追記:ニマンヘミン店も行ってみた

後日1号店であるニマンヘミン店にも行ってきた。目の前には庭があり、とても気持ちのいいスペース。内部はターペー店に比べるとかなり手狭だが落ち着いた住宅地なのでとても快適。飲食店も近所にそこそこある(少しお高めだが)。
夕方以降は混んできて、ネット接続が少し遅くなっていた。

※当然ながらVPNは利用したほうがいいでしょう。
ニマンヘミンpunspace
Web site.

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする