タイ入国時の帰国用チケットと所持金は必要なのか

広告

ちょうど1年ぶりにタイに来た。
クーデター後にビザが厳しくなり、心配しながらの入国だった。
ポイントは入国時に

  • 帰国用チケットは必要なのか?
  • 現金を一定額以上所持必要なのか?

結論:日本人は特に必要ない

結論をとしては帰国用チケットも、一定額以上の現金も日本人パスポートなら特に必要ない。

チケットについては、入国カードに「Bus」出国と書けば済んだし、現金のチェックなどない。
行き先はヴィエンチャンにしておいた(予定はしっかりと決めていない)。

見るからに胡散臭い服装をしているとか、近年に複数のビザラン経験があると日本人でもチェックはされるようだが。
ぼくの場合2年前の同時期にビザなし入国をして、2回ミャンマー国境にビザランをしたことがあるがビザ取得にも問題は無かった。
もちろんこれは今回のぼくに限った話なのでまったく保証しない

今回は念のためにマレーシアペナン島で観光ビザを事前取得していたので余裕だった。現金は3000円換算しか持たずに入国した(´・ω・`)

イミグレーションは厳しくなった

前回来た時はデモ真っ盛りでバンコク市内でデモに巻き込まれバスは進まず、と日本にはないエネルギーを感じた(基本はお祭り騒ぎなのだが)。

今回はマレーシア・クアラランプール空港からバンコク・ドンムアン空港へ入った。

これまではいたってお気楽な雰囲気を漂わせていたタイのイミグレだったが列に並んでいると固そうな警察官がパスポートを事前にチェックし、どこに宿泊するのかなどをしっかりチェック。

世界最強クラスの戦闘力を持つ日本人パスポートを持っていてもちょっと不安になる。

ぼくの前に並んでいたネパール人と思われる団体は一人あたり5分以上も手続きがかかっていた(ぼくは30秒で終わった)。

不法労働させないのが目的

政権が変わる前はタイは実質ノービザでいくらでも滞在できる国だった。そのため労働ビザがないにもかかわらず働いている人は多数いた(日本人含めて)。

政権交代後に厳しくなった目的は特にミャンマーなどからの不法労働者を排除するのが目的だ。彼らの中にはパスポートすら持っていない人もいるらしい。

帰国用チケットも一定額以上の現金という話も貧しい外国人を入国させて不法労働させない(外国人が働くとタイ国民の働き口がそのぶん減ることになる)のが目的のようだ。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする