北アルプス燕岳で年越しのススメ

広告

北アルプス燕山荘で2度年越しをした。
ぼくは夏を槍ヶ岳ヒュッテ大槍で働き、その流れで冬の燕に働いた。今年もあと2週間も立たずにスタッフは燕岳に登り、年越しを山で過ごす山バカたちを迎える準備をする。

当時の写真が出てきたのでサラッと見せびらかす。イルカ岩

冬の場合は登山口のある中房温泉まで14キロほどを歩かなければならないけど、その価値はある。

「燕山荘の従業員さんはイルカ岩を夜中に削って整えているんですか?」
という質問をいただくことがあるけどそんなことはない(はず)。

snow

撮影した当時は次の写真綺麗だなー、俺天才じゃん、と思ったが今見るとそうでもない。

燕山荘冬

稜線は猛烈に風が強く、体感温度だと氷点下30℃以下まで下がる。
うっかりすると人間はあっさりと死んでしまう世界。

でも、だからこそ自分は自然に生かしてもらっているというつながりを感じることができる気がする。

燕山荘 年末年始冬季営業の案内

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする