タイチェンマイのレンタルバイク事情

広告

バンコク以外のタイの地方都市は交通網が貧弱なのでレンタルバイクを利用する人が多い。

ポイントとしては

  • 借りるときは免許証☓,パスポート◯
  • 燃料は空っぽだ
  • 料金はマチマチ
  • 山道をゆくときは少し大型で

借りるときは免許証☓,パスポート◯

なにせ小学生らしき子供も運転しているのをみかけるワンダーランドである、レンタル時に国際免許証を求められることはない。

お店に行って用紙にゲストハウスの名前と名前を書き、パスポートを預けて(人質か・・?)お金を払って「はい、どうぞ」である。

ヘルメットも複数必要な場合は「選んで持って行ってー」とばかり。持ち逃げする人もいないだろうけど、そのチェックはしていない印象。ヘルメットを紛失・破損すると250バーツほど弁償でとられる。

パスポートを預けるのでもし事故が起きた時を考えるとかなり不安。最低限パスポートのコピーは持ち、できることならバイクなしで済ますほうが安全ではあるし、景色もゆっくり見れるような気もする。

燃料は空っぽ

日本でバイクを借りたことはないけれど、レンタカー同様、燃料満タンで受け取り満タンで返却するのが普通だろう。

タイではガソリンスタンドまで行ける程度の空っぽ状態で渡され、返却するときも給油する必要がない。

返却するときにわざわざゼロ近くまで調整する人はいないので、恐らくその余計に入っているぶんを抜き取って別の用途に使っているのだろう。賢いといえば賢い方法だ(ずる賢い)。

料金はマチマチ

レンタル料金は実にマチマチ。
チェンマイのメインストリートのお店でも150〜250バーツくらいで価格差がある。マニュアルやセミオートマ、オートマなども混ざっているかもしれないが。

市街地から少し離れたところにある、日本人の方が経営されているお店PPPでは
セミオートマ 80バーツ/日
オートマ 100バーツ/日
からあるようで、今度はそこで借りようと思う。トラブルを考えると日本語がつうじたほうがいいだろう。
http://ppprent.web.fc2.com/
※PPPバイクレンタルさんだとパスポート預けは不要とのこと。
※べつに知り合いじゃありません。

坂道バイク

山道をゆくときは少し大型で

今回二人乗りでチェンマイ郊外の山間部にある滝へ遊びに行った。
排気量が小さく、坂道で進まないこと、進まないこと。
で、アクセル全開で走っていたらエンジンが突然とまりかからなくなった。。

車もバイクもオーバーヒートの可能性が大いにある国なので用途に応じて排気量は考えたほうがいいようだ。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする