16000円で1ヶ月飛行機乗り放題!エアアジア ASEAN pass (アセアンパス)の使い方

広告

2015/12/25:実際に乗った方のレポートを読んだところ、アセアンパスは使い物にならないようです。さすがエアアジア、信用ならないです。http://yurukuyaru.com/archives/31458830.html

エアアジアからASEAN10カ国を1ヶ月間周遊できるパスが発売されています。料金は499MYR(約16000円)。対象国はマレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、ブルネイ、カンボジア、フィリピン、ラオス、ミャンマー、ベトナム。

ポイント型の周遊パス

ASEANパスのページを見ると、499MYRを出すと10ポイント分のフライトに乗れることがわかる。
※現状英語ページしかない。最低限の英語で書かれているので自力で読めないなら利用しない方がいい。

例えばマレーシア国内線だと1ポイント、バリからバンコクなどの長距離だと3ポイント消費し、10ポイント使い切ると期間中でも終了する。

同じ路線の複数回の利用、往復はできない。

予約は2週間以上前に行う。

東南アジアではかなり路線が多いので詳細はエアアジアHPを参照。
http://www.airasia.com/my/en/book-with-us/asean-pass.page

実際にはまだ試していないが購入時のコツとしては、決済時の通貨を色々と変更し、もっとも安い通貨を見つけること。タイミングに寄っては数百円ほど決済金額に差がつく。ここ最近だとMYRやIDRが安かった。

エアアジアは機内持込み制限が厳しい

エアアジアは機内持ち込み荷物がとても厳しくなった(以前は重量を測りもしなかった)。

持ち込み荷物は7キロまで。
預け荷物の料金や機内食、空港税については、ASEANパスとは別途支払う必要がある。

お得なのかはタイミング次第では?

東南アジアでエアアジアを利用する場合は2週間も前だと、ASEANパスを利用せずともかなり底値で購入できることが多い。
旅人的には予定を2週間前から固定しなければいけないこと、往復不可、空港税別途、などを考えるとめちゃめちゃお得とはいえないのではないかな、という印象もある。

ただ今月中に利用し、ブログを書けばアクセスを集めることは間違いない(´・ω・`)

というわけでASEANパスでレッツ放浪の旅!

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする