クアラルンプールの食堂にて

広告

クアラルンプールのイメージはあまりよくない。
のんきな日本人が観光地を歩いているとすぐにトランプ詐欺などの声をかけてくるし、先日もお金貸して詐欺に会った。

でももちろん皆が皆悪い人ではなく、おっさんたちには厳つい表情をしているけどかわいらしい人が多い気がする

宿の近くの24時間の食堂。
地元民がたくさんくつろいでいるので安心して入れる。

英語が流暢なおっさんがメニューを説明してくれて、地元料理を2つ頼む。

スパイスは控えめにしてくれて食べ終わると、料理をしている若いおっさんが心配そうに「大丈夫だった?」とジェスチャーをする。

笑顔でGood!と答えると嬉しそうにしていた。

そんな時間が旅の醍醐味。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする