よい旅人は計画しない。そして目的地に執着もない

広告

日本を離れてから2度瞑想寺にゆこうと企んだが、どちらも見事に予想外のイベントが発生し断念した。縁がないのだろう。縁がないことはしなくていい。何かの形に近づけようなんてプロセスはとっくの昔におわった。老子の言葉で

A good traveler has no fixed plans and is not intent on arriving
よい旅人は計画しない。そして目的地に執着もない。

というのがある(らしい)。

何か明確な目的を持ち、突き進んで達成することがよしとされるけれどその場の流れに乗り、あちこち眺めながら柔軟に旅をするほうがいい。

形の決まったものはどこかにぶつかった時に障害を通り抜けられないけれど、定形を持たない水はどこでもすり抜けられる。

器があればそれにあわせ、一点を打ち続ければ岩をもくだく。流れがつよまれば堤も壊す。

ブルース・リーもスパイク・スピーゲルも「水になるんだ」と言ってた通り。

Empty your mind.
Be formless, Shapeless, like water.
If you put water into a cup, it becomes the cup.
You put water into a bottle and it becomes the bottle.
You put it in a teapot it becomes the teapot.
Now, water can flow or it can crash. Be water my friend.

心を空にするんだ。
形を捨てて
水のように
水をカップに注げは、水はカップとなり
水をビンに注げば、水はビンとなる
そして急須に入れれば急須になる・
水は流れる事も砕く事もできる
友よ 水になるんだ

ま、器に入れようとされれば、打ち砕く性分だが。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする