成田空港(NRT)で寝る(2015年3月版) – 空港野宿 vol.8

広告

久々に成田空港で寝た。
4月8日のLCC専用第3ターミナルオープンに向けて、既存第2ターミナルもリニューアル中の成田空港。

成田で眠ることができるのは第二ターミナルの1,2階の一部に限られている。しかし半年ぶりに来たところ

  • 眠りやすい椅子の増加
  • Wi-Fi接続の簡易化
  • 電源用コンセントの追加
  • カプセルホテル9hoursのプロモーション

などでパワーアップしていた。

前回の記事も参考いただき、2015年3月末現在の状況をここに追加する。

タイルの張替え・眠りやすい椅子の増加

第2ターミナルはB1階、2階、3階でリニューアル工事が進められている。
目立つのは壁と、床のタイルの張替えである。まだ作業中なので3月末現在では新しいタイル部分と剥いだだけの場所が混在している。

タイル張替え中

案内板も新しくなったような気がするけど違うかな。。

そして眠りやすい椅子の増加。これは絶対に増えた。これは夜間用の3階ゆきのエスカレーター近くにある。
(※このエスカレーターは24時間、視覚障害者向けのアナウンスが流れているちょっとやかましい子なので耳栓はほしい)

第二ターミナル2階

今回は日曜日の夜に泊まったが寝床となる椅子はちょっと足りない印象。
(ただし1Fロビーの清掃が入っているため一部椅子が使えない影響もある)

Wi-Fi接続の簡易化

成田空港のWi-Fiは以前は、セキュリティ警告(公衆Wi-Fiは悪意のある人が使うとパスワードを盗むことは容易。その警告)画面が表示され、それに同意しなければ接続できなかった。

成田Wi-Fi

危険なことは間違いなく、VPNソフトなどを使う必要があるのだがこのセキュリティ警告画面は結局何かあった時のための言い逃れ、アリバイ作りだった。

セキュリティに疎い人は警告画面を表示しようとしまいと読みはしないので形骸化していた。成田空港に入るときに身分証明書を確認されることと同様の形骸化である。→成田の検問は3月30日に廃止されました http://www.asahi.com/articles/ASH3Z5F8JH3ZUDCB00J.html

narita wifi tutoreal

今回のアップデートにより、韓国インチョン空港同様(←ここと同列にしたら悪いのだが)アクセスポイント「Freewifi-Narita」を選択するだけで接続される。

電源用コンセントの追加

わかりやすいアイコンとともに電源設置箇所が増えたようだ。

第2ターミナル2階の電源コーナー

白いデスクも上にコンセントと充電用USB端子をつけているだけだけれど十分!
早い者勝ちなので夜間は争奪戦が起きるのだが・・・

カプセルホテル9hoursのプロモーション

東京駅から京成バスで成田空港入りした(片道1000円、ネット予約なら900円)。
東京駅前の京成バスラウンジで乗る直前にチケットを購入したがその際に、カプセルホテル9hoursの割引券を頂いた。

成田にはカプセルホテルもペットホテルも有る

利用料金が数百円安くなる程度のものだけれど、夜間にトイレにゆくたびに寝床が無くなってしょぼくれることを考えると3900円できちんと休める9hoursは選択肢に入る。京都の9hoursに泊まったことがあるがデザイン性に優れ、とても快適なカプセルホテルである。

残る課題、SIMカード販売

成田空港のせいではないのだけれど・・・

日本は世界でもワーストとも言えるWi-Fi後進国、そしてSimカード入手超困難国なので旅人にはかなり地獄である。
(都内にはWi-Fi電波は死ぬほど飛んでいるが観光客が接続できるものがほぼ皆無)

日本だけに住んでいるとなかなかわからないが、少なくともアジアでは空港で手軽にSIMカードを入手できるのがふつうである。たいていの国は身分証もいらず、ところによりパスポートをみせる国もあるかな、くらいである。

docomoには期待できないので、IIJとかOCNあたりが到着ロビー近くでSimカードを販売してくれればいい。

利用可能期間限定でデータ通信1GB付きで2500円くらいで売ってくれれば、ようやく諸外国なみのモバイルネット環境になるのだが。。

速度は3Mbps制限とかでも十分なので・・・。あ、ぷららさん、どうでしょう。

あの便利な羽田空港国際線ターミナルでさえ、KDDIの海外通話テレフォンカードの自動販売機しかなくって泣けました。

4/8オープンの第3ターミナルには仮眠ソファがある!

LCC専用ターミナルとなる第3ターミナル。
第2ターミナルの野宿がもう限界になっていたし、そもそも空港野宿するのはLCCを使う貧乏人が大半。

3月29日付けの読売新聞「フードコートや仮眠ソファ…LCC用ターミナル」によると

フードコートがあり、国内の空港では最大規模の約450席を備える。LCCは早朝便が多いため、店舗は午前4時から営業開始。一夜を明かす利用者にも配慮してベンチ型ソファを置いた。
Yomiuri onlineより(元記事消滅のためリンクなし)

とのことだ。フードコートの横に仮眠ソファがあるんだ・・・寝れるのか・・・と不安はあるがこれで一気に寝床不足が解決しそうである。

オープン後にまた試してみよう→追記(2015/04/30):成田第3ターミナル泊まってきました!

空港野宿シリーズはコチラ

第三ターミナル(2015/04/18追記)

共同通信による第三ターミナル動画。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする