山に登り、人の毒が出てゆく

広告

井上雄彦「バガボンド」の中で農民 秀作が
「体調が悪い時に休むと余計に悪くなる。土にふれ、働くことで人の毒が出てゆく」
と語るシーンがある。

人の毒、それは「恐れ、迷い」。

ぼくにとっては山登りも、時にそのような役まわりをする。

4ヶ月ほどアジアの色々な国を回って、それぞれの暮らしを眺めてきた。

ニセコアンヌプリ

いい人もいれば悪い人もいて、どこの国にもよく生きている人もいれば、同じ人のなかに腐敗もあったりする。

それは日本と変わらない。

旅を経て、人を見る目が厳しくキツくなったような自分を感じる一方で、人からは「なんかいい感じ」と言われたり。

羊蹄山
じっさいのところはわからない。でも叶うならば厳しい面は自分に対してだけに収めておきたい。

写真はすべて北海道ニセコにて。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする