4ヶ月アジアを放浪した私の一人旅の荷物(理想編)

日本に帰国して2ヶ月、すっかり平和な雰囲気にふぬけております。
今回の一人旅を踏まえ、理想の荷物を書いてみよう。いたって独断と偏見である。

  • 行き先は南国ないし夏の国限定
  • LCC利用で預け荷物は無し

バッグはパタゴニアMLC一択

一人旅のバッグはパタゴニアMLCで決まりである。
これ以外に選択肢なんてありません。とても丈夫で使いやすく文句なし。

ショルターストラップは取り外せば手提げバッグになり、リュックのように背負うこともできる。

生地は丈夫だし、汚れも落ちやすいように感じる。
このバッグでの最長の旅は昨冬の東南アジア4ヶ月放浪である。

香港マレーシアタイインドネシアスリランカ

と5カ国をのんびり回った。
45L の荷物しか入らないけれどなんの不便も無かった。

登山用のバックパック(グレゴリーとか)は背負いやすいが荷物の整理整頓がしにくい。
また旅に出て長時間荷物を背負い続けるということはあまりない。なので背負いやすさの重要度はさほど高くない。

過激な海外放浪のみならず、国内短期旅行でも十分な容量で落ち着いた作りなのでビジネスマンの出張にも利用できる。パソコンも入るし、小物を入れる収納もあるし便利。

日本だと25,000円ほどするけどアメリカなどで買うとだいぶお安い。

パタゴニアGi III pants Zipoff(欲しい)

拙者パタゴニア好きです^^;

東南アジアの旅に出てすぐに欲しくなったのはショートパンツだった。
マレーシアのイオン(!)で購入したのは69リンギット(=2200円ほど)の短パン。現地のブランドなのだけれど、質はそれなりであまり楽しくない。

安くはないし、荷物は増えるし・・・そんなときに「買っておけばよかった」と思い出したのがGi pantsのジップオフである。

膝のあたりにジッパーがついていて、裾を外すと短パンになるタイプ。
日本で買うと1万2千円もするのだけど、このパンツはとても動きやすい。

薄手の速乾性の生地は風通し良い。洗って脱水にかければもうほとんど乾いているんじゃないの、と思うほど。以前持っていた時は毎日これを履き、日常でも登山でも使い倒した。

たたんでもかさ張らないので旅の荷物にも最適。
このシリーズが2つあればパンツは他にいらないかも。

Macbook air

パタゴニアとMac好き、ってなんかアレよね・・・って気もするがまあいいや。
私の場合、旅先でウェブ制作などもするし、このブログも書いていたので必須。

本体と充電器、バックアップ用の外付けHDD2つで約2kg。
もう少し軽くしたい。

バックアップは主に写真なのでHDDを一つにして、もう一つ大容量のSDXCカードで二重にバックアップする形が良いのかも知れない。それで200gは軽くなるかな。。

新Macbook(USB3.1のやつ)はパワーが無さそうなので圏外。それならPro買いますわ。

カメラ

写真大好きっ子の私としてはカメラは欠かせない。
現状はCanonのハイエンドコンパクト Powershot G15である。明るいレンズにズームレンズ、絵も十分に綺麗・・・なのだがちょっと物足りなく感じることも増えてきた。

乗り換え候補としてはOLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 MarkII がサイズ・デザイン的には現実的だ(金銭的にはともかく)。

でもα7もほしいなぁ・・・物欲との戦いいざはじまらん。

(α7系はデザインがなぁ・・)

理想の荷物は自分で見つける

細々とした荷物の中身は夏山にも登れる旅の荷物という記事も参照のこと。

ただ「旅先でググりすぎること」という記事でも書いたが、どこかへ旅にゆくのにどこかの誰かの情報を調べ、それに沿って移動することの何が楽しいのか?という気もする。

観光旅行ならそれもいいけれど、旅はあてどもない彷徨である。

まあ、私Google大好きですけどね。。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク