「RAWで撮影する」デジカメ上達のススメvol.1

広告

デジタル一眼レフが一般的になり、近年はより軽量なミラーレス一眼が手軽に入手できるようになってきた。iPhoneでもかなーり綺麗な写真が撮れるようになっているし・・。

せっかく高いお金を出して買ったカメラをより有効に楽しく使いこなすために、何回かにわけてデジカメのコツを書いてみよう。

RAWで撮影→現像する! これは自宅ラボだ!

RAWとは英語で「生」という意味。
つまりデジカメの撮影素子に取り込んだ未加工の生データということだ。

それって普通のJpgとどう違うの?ということで説明してゆこう。

JPG撮影はポラロイド写真みたいな感じ

一般的にはデジカメを使うときはJPG撮影をする。
これはフィルムカメラで言うとポラロイド写真を撮っているようなもので、カメラ内部でデータを処理して現像したのとほとんど同じ流れである(本当は違うけれどわかりやすいので)。

通常のフィルムの場合でも、ちょっとしたお店なら現像時こういう色味に、と希望を伝え調整してもらうこともできた。

お店に現像を頼む際は店によって色の傾向などが微妙に異なるということもあったようだ。

デジカメでのJPG撮影の場合にも同じようなことが言える。
デジカメ内部の現像エンジンの傾向により、彩度が高かったり低めだったり違いがある。
Canonぽい絵作りとか、Nikonっぽいよね、とかそういう会話もオタク玄人はだしの人にはありがちだ。

デジカメで生成されるJPGデータはとてもコンパクトになるのだが、それはつまり撮影時のデータをはぶいているということにもつながる。

RAW撮影はフィルムを自分で現像する

これに対し、ちょっと写真に凝りだすともう少し自分で写真を調整して使いたくなってくる。
その際に必須なのがRAW撮影である。

RAW=「生」の意味で、カメラがその撮影素子で得た未加工データのことである。

そしてそのRAWデータを元に、ホワイトバランスなどを調整し、好みの色で現像(主にjpgデータ)に現像(書き出し)をする。

この現像前の調整を「写真加工している」と勘違いされやすいところ。

でもデジカメでのJPG撮影の場合でも、カメラ内部で生データ(RAW)からJPGへの現像作業をしている。

その工程をデジカメ内部で行うか、パソコン上で行うかという違いである。
ただデジカメ内の限られた処理能力と比較するとパソコンでは圧倒的に処理能力が高く、自由がきく。

データが豊富なRAWデータを、高い処理能力で自分のイメージ通りに調整し、現像する。
それが高品質な写真を生み出すコツの一つである。

—-
私の写真は500pxで閲覧&購入することができます。ぜひご覧ください
500px(Akira Oggi)

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする