Xperia Z ultra(C6833)をMacでダウングレードした

広告

久々の記事なのにマニアックネタで恐縮。
先月OSがアップデートされた私愛用のXperia Z ultra(C6833)。しかし肝心のLolipopがどうにも使いにくく、また変な挙動も増えたので元の4.4KitKatにダウングレードした。Macで。

まず結論としてMac(Mavericks)での作業とVMware上のWindows7の合わせ技が必要となった。私の作業環境は

  • Macbook air(2013late-OSX10.9.5 Mavericks)
  • VMware fusion + Windows7 ultimate
  • Xperia Z ultra C6833

基本の流れ

基本的の流れはコチラの記事を参照。
Xperia Z Ultra (C6833)をダウングレードした(なかやん.jp)
上記記事ではご自身の環境を書かれていないのだけれど多分windowsだろう。また全体的な流れや細かい注意点は下記のブログを参照した。
からあげ隊長の日記:Xperia Z Ultra C6833 ルート・プラスエリア化備忘録
ぼくがMac上でwin7を走らせている、という点以外環境が同じなので、細かい点でとても助かった。
ただ終盤のQXDMでの作業については、ぼくの環境では少し設定する数値が異なっている。

ブートローダアンロックはMacで

XperiaをアンロックするまではMacで行える。
ブートローダーのアンロックコード入手までは最初の参考記事の通り。

Macでの作業

Android SDK for macをダウンロード、インストール
http://developer.android.com/sdk/index.html
※Android Studioではなく、リンク先ページ下にあるSDKをDLすること!そうしたらVMware上のwindows7でもうまくゆきました

2.上記を起動し、SDKmanagerをクリック。
※これは間違ってAndroid studio for macをインストールした時の行程。きちんとAndroid SDKをインストールしていれば不要かも。

3.toolsの全てとandroidなんちゃらを適当にチェックをいれ、追加する(ほんとに適当だったorz)
スクリーンショット 2015 05 17 23 45 36

プラグインのダウンロードが始まるのでその後、

 /Users/あなたの名前/Library/Android/sdk/platform-tools/

以下に、adbとfastbootがあればOK。

ついでにplatform-toolsのフォルダを右クリックし、「パスをコピー>ターミナルパス」をする。
注:「パスをコピー」はXtrafinderによる機能でした(´・ω・`)

5. adb を使用するためにPATH を通す
Terminalを立ち上げて、

  export PATH=$PATH:

と入力後、先ほどコピーしたplatform-toolsのパスをペーストする。

(※ぼくはclipmenuを利用しているのでどちらもコピペで貼り付けた) 

6. ターミナルで

adb install

fastboot install

を実行する(たぶんこの項目は不要)。

7. Z ultra(c6833) 本体の設定をする。

設定>アプリケーション>提供元不明のアプリ チェックを入れる
設定>アプリケーション>開発>USBでバック チェックを入れる
peria >接続設定>USB接続モード      MSCにする
Xperia >PCCompanion のインストール   チェックをはずす

※Lolipopだと若干メニューが異なっていたのですが自力で見つけてください。

8.Z ultraの電源を落とし,ボリュームアップボタンを押しながら,

    Mac と USB 接続する。(Fastboot接続)

ホームボタンが青の光になったら接続成功

9.ターミナルで

fastboot devices

と入力すると

CC5A21GZW1 fastboot

などと帰ってくると多分大丈夫。最初の文字列は多分個体差がある。
そして

fastboot -i 0x0fce oem unlock 0x【あなたのXperiaのアンロックコード】
を入力し、リターン。

するとしばらくして


OKAY [ 43.461s]
finished. total time: 43.461s

とアンロックが完了。

なお僕の場合はアンロックして、再起動を何度かした時点でZ ultraはリセットされ、データが消えていた(lolipopのままだが)。

以降はWindowsでの作業

10. Vmware上のwindows7を立ち上げて、あとは参考記事Xperia Z Ultra (C6833)をダウングレードした(なかやん.jp)記事中の、「次に下記でEmmaを落としてこよう。」以降の作業をwindowsで行うだけ。

EmmaとやらはMac用がないのでこのような曲芸になります。

ひょっとしたら他に方法があるかも知れないが、今回はこれで成功。
Virtualboxでもできるのかも知れないけどそこはよう知らん。

さてとー、Fomaプラスに対応させなきゃー。

(追記2015/05/18:フォーマプラスエリアにも対応させた!検索エンジンの使い方が試された)

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする