新千歳空港で寝る – 空港野宿 vol.11

広告

北海道の玄関口、新千歳空港(CTS)で寝たつもり
新千歳といえば、人間の利用者と熊や馬などの利用獣が半々という世界でも珍しい空港。
手荷物チェックの列で、毛深いおっさんおるなー、と思ったらヒグマだったということはままあることである。

さて新千歳空港は24時間空港では無いのでそこらのベンチで寝ることはできない→記事終了
しかし空港内にある温泉で寝ることができるのだ!

広告

基本情報

フリーWi-Fi(成田や関空などとほぼ同じシステム。認証画面で同意すれば利用可能)
札幌まではJRで約50分(¥1380)
ラウンジあり
ベンチで眠ることはできない

新千歳空港温泉

国内線ターミナルビル4Fにある23時間営業の温泉がある。
入浴料1500円(浴衣・バスタオル付き)
深夜料金1500円(深夜1時〜利用の場合追加で支払う)
したがって、夜間便で到着して泊まる場合は合計3000円かかることになる。

「チッ!3000円も払うんだったら野宿って言わねーんだよ(○`ε´○)プンプン」

と空港野宿研究家的には毒づきたくなるが、大人なのでそんなことは言わない。

温泉内部にはマッサージや食堂、リラックスルームなどテッパンな施設が揃っている(らしいよ)。入ったことがないからHPの情報だけど。

新千歳空港温泉

新千歳のスーパーラウンジ

新千歳空港スーパーラウンジはプライオリティパスなしでも、普通のゴールドカードで無料利用できる。
カードがない場合も1080円で利用可能だ。私の場合は楽天プレミアムカードで利用している。
http://www.new-chitose-airport.jp/ja/service/waitingroom_lounge/super/
窓からの眺めもよく、広々としたラウンジだが利用条件が比較的ゆるいのでいつも混んでいる印象だ。

営業時間が7:30〜20:30と短いので夜間に泊まるということはできないが、静かではあるのでちょっと居眠りくらいは可能だろう。

トマトジュースと牛乳がオススメドリンクである。

なお新千歳空港の食堂街は、ぼったくりで不味いという印象しかない(当社調べ)。もう吉牛でイイよ。。

空港外で野宿する

空港内で野宿ができないならば、外で寝るしか無い。
新千歳空港周辺は空港を出れば道路以外何にもない。人目を避けられる場所を見つけられれば、眠れるだろう。

千歳近辺ならおそらく熊はいない(おっと、空港利用者にはいる設定だったネ)。
キツネはそのへんにいるだろう。甲高い「キャンキャン」という声が聞こえたらそれはキツネだ。見かけても餌をやってはいけない。それより何より一番怖いのは(やっぱり田舎なので)若いヤンチャ系(種名「ヒト」)だろう。

千歳市内のネットカフェに泊まる

新千歳空港からJRで二駅、千歳駅前には1件だけネットカフェがある(ようだ)。

フリースタイル千歳店 – コミックインターネットカフェ

24時間営業、ナイトパック6時間で1,143円とのこと(2016/7現在)
利用したことは無いので詳細は要確認。

空港から札幌まで歩く

空港から札幌まで歩くというのもありだ。実際に歩いた人もいる。
一晩あるけば札幌までたどり着けるだろう。下記のtogetterまとめは熱い!熱すぎるぞ!!

東京へ行くために、札幌から新千歳空港までの電車賃がもったいないので歩いた

札幌周辺のスーパー銭湯に泊まる

もう空港でも野宿でもないが、JRで札幌までゆけば郊外型スーパー銭湯に泊まるという手段も出てくる。
私がたまに利用するのは「ほのか」だ。おおよそ2000円ほどで泊まれるし、岩盤浴もあるし、漫画もそろっているので朝まで時間を潰すのは簡単だ。

休憩室で昔読んだ漫画を読み、感動して涙をながすのはおっさんの幸せというものである。

札幌付近のホテルは値上がり&空室率低い

東南アジア諸国を中心に、北海道ブランドはなかなか強い。自然豊かで美しい所というイメージが、様々な映画でつくられ、そのロケ地をめぐるのが中国人あたりの大好きな観光である。素材がいいだけだけどね

猛烈な勢いで増した観光客数は札幌付近の宿を埋め尽くし、調子に乗ったホテルなどは値上がり傾向である。おっと、アパホテルの悪口はそれまでだ。

これは札幌に限った話ではなく、東京や京都、大阪あたりでも起きている現象だ。
円の価値が数年で50%も落ちれば、それはそれは外国人の皆さん来るよね−、そうですよねー、まあそれだけですよねー、と思いつつ宿泊施設は我が世の春を楽しんでいる。

「いつまでも続くと思うなよ」
という、ホテルが取れない出張サラリーマンの心の声が聞こえているのか、その勢いに調子に乗ってホテルを新築するという動きは札幌では無い。

時節柄、Airbnbがいいのかしらねー、と思うがもう空港野宿ネタじゃなくなってきているのでどうでもいいや。

新千歳空港は24時間化するのか?

新千歳はLCCを中心に海外からの直行便就航が増えてきている。
特にエアアジアはバンコク便(一時休止中)やマレーシアKL便と言った東南アジアのハブ空港へ飛んでいるので、そこからどこでもゆける楽しさが出てきた。え?インチョン経由?ナニソレ?

国内線ターミナルもそうだが、できたばかりの国外線ターミナルもキャパシティ的にはだいぶ厳しくなってきている。北海道としては24時間化も検討しているようで、試験も行っているそうだ→http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/kkk/newchitose24_unyou.htm
2016/7/1追記 2016年4月に新千歳→クアラルンプール便を利用した。チケットカウンターは空いていたが、国際線出発エリア内はかなり混雑もしていたし、建物の作り的に人数をさばけていない印象を受けた。

空港野宿研究家としては、ぜひとも新千歳のそのへんのベンチで野宿できるようになってほしいものである。

そんなまとめでよろしいでしょうか。

空港野宿シリーズはコチラ

https://nomadism.info/category/journey/airport/

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする