ソニーα7ii 購入2ヶ月目レビュー

フルサイズミラーレスでは独走しているソニーα7iiを夏に購入した。しばらく使ってみたのでそろそろレビューを書いてみる。

自由度が高く、オールマイティ

購入時に対抗馬として考えていたオリンパスOM-D5と比較すると重たいが、やはりコンパクトで画質が良い。レンズキットでの購入だが付属レンズはオマケの割には逆光に強く、こんな写真でもゴーストが発生しない。優秀優秀。お散歩の便利ズームとしては十分使える。

紅葉のはじまり

ここ2年ばかりCanon powershot G15という高級コンデジで手軽に歩いていた(今は10万クラスのハイエンドコンデジもあるが)。

(もちろんα7iiとはグレードが違いすぎるが)G15はjpg撮って出しがコンデジにありがちなポップな色合いであまり好きになれなかった(RAW現像すればそこそこ良い絵にはできる)。その前に利用していたGR digital3は撮って出しでもRAWでもイケていたのだが。

本題。α7iiはjpg撮って出しでも使える絵になる。先日立ち読みしたカメラ雑誌によると「RAWよりjpgのほうが画質良くね?」というコメントも見受けられた(理屈的にはありえないのでjpg現像の調整が絶妙ということだろう)。

カスタマイズ可能なファンクションキーはこれでもかというほどそろっていて様々な機能が割り振ることができる。使い切れないほど数はあるけど、どうしてこの機能が割り振れないかな−という不満もありつつ(後述)。

タイムラプスアプリとかあるけど遅い

購入前はまったく知らなかったのだがソニーのミラーレスはカメラが直接Wi-Fi接続してインターネットからアプリをインストールできる。

タイムラプス映像を取るためにリモートレリーズを購入しなきゃな−と思っていたがタイムラプスアプリを500円で購入できたのでこれで試してみる。

タイムラプスアプリの中にも夕焼けモードとか星空モードとか色々とあり、その中でも時間の調整などが可能だ。このシーンだと何秒起きにとればいいのかなー、と知識がないときには便利だ。また動画への合成までもカメラ内で行ってくれる。


欠点としてはアプリ自体の動作が重く、起動中にちょっと普通の写真を撮りたい!なんて時には終了するまでなんだかんだで時間がかかるし、様々な操作のレスポンスも遅い。ここはアプリで撮影したいけれど、こっちは通常モードで撮りたい!なんていう状況ではかなりキツイ。

タイムラプス撮影時に、通常の静止画も撮影する可能性があるならば何かしらのカメラと2台持ちが必要だろう。

EVF、ディスプレイのオート切り替えがイマイチ

私のカメラ固有の問題なのかはわからないがEVFとディスプレイは基本ファインダーを覗けばEVFに切り替わる。

そのはずなのだがイマイチ変なタイミングでEVFに切り替わる(追記2015/10/28:皆さんこの切替には困っているようです)
例えば高いところに構えて、ディスプレイを傾けて覗き込もうとしたときにEVFになったり、あるいは低いところに構えて花などをローアングルから、というときにも変わってしまう。なんでや。

「オート切り替えが敏感すぎるんやなー」と諦め、ではマニュアルでEVFとディスプレイを切り替える事もできる。が!このカメラの設定メニューはとても多く、探すのが大変。前述のファンクションキーにその切替を設定したいのだが、できない。なんでや。

今はこの点が一番ストレスがかかっている。全体的には良いカメラなのだけれど。

ファームウェアのアップデートで対応してくれないかな。

オールドレンズを使う

春先からCanonのフィルムカメラをレンズ数本とともにお借りしている。
α7系の一番の魅力はこういったオールドレンズをマウントアダプターを介することにより利用できることだ。オールドレンズなら安く良い物も手に入るし。

α7ii+sigma old lense

八仙洞のマウントアダプター(FDマウント→Eマウント・4000円ほど)を購入し、キャノンFDマウントレンズを乗せる。うん、いい、いい。

sigma 50mm macro

この写真はFDマウントのシグマ50mm macro f2.8。
柔らかい、いい柄が撮れる。たまらん。

ただし操作はドマニュアル。
ファンクションキーにピント部分をクローズアップ設定をし、マニュアルフォーカスの際はピンを合わせている。

NFCでXperiaへ写真転送ができる

たまたまだけれど私のスマホはXperia Z ultra。
これも買ってから気づいたことだけれどいちいち写真をPCに取り込まなくても、選択した写真をNFCにより非接触でスマホへ転送することができる。

JPG撮って出しがいい絵を出すので、そこからSNSに投稿するには十分なクオリティに思える。

おわりに

ざっと思いついたことを書いたが概ね満足している。
4年前まで同じくソニーのα550を所有していたが、それに比べるとやはり何世代もの変化を感じる。
4年2昔くらいのノリである。

G15もそうだが、安いカメラは自由度が低い。そのぶんできることにも制限が出て、ストレスがかかる。
そういったストレスがまったくなくなり、α7iiを持って毎朝散歩に出るのが楽しみである。

とても良いカメラだが、ミラーレスで軽いとは言えやはり日常的に持ち歩くには覚悟がいる。
レンズの価格なども考えると、ごく一般的なユーザーにはオリンパスOM-Dあたりがやはりいいのか。

私の場合はPowershotG15も手元に残しているので、他の荷物が多い日やさほど写真を取る時間が無い時にはG15で済ましている。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

広告

広告

シェアする

フォローする