客観的に自分を見ることで自分を評価する

広告

今の私のダンスの技術は主観的には

「基礎はそこそこあるけど、ブランクも長いし腰も痛いし表情は固いしヘタだな、まだまだリハビリが必要だな」

と思う。ブランクのおかげで動けなくなっているわりに良い物は見てきたので目だけはいいのだ。

でも自分を客観的に評価したらどうだろう。

「身体の条件はいいし、若いころにしっかりやっていたんだろうな」

と考えるはずだ。

昔、某バレエ団にいた頃

「うちの女性ダンサーたちは『踊れない人は人間的にもダメだ』って言っているんだよ。ひどいよね」

と少し先輩の男性たちがボヤいていた。

まだ若かった(単純バカ)だった私はそれに憤っていた(劣等感を持ってその言葉を受け取っている先輩ダンサーの伝聞でしか聞いていないので怒りがコピーされるのは当然だが)。

でも今、それなりの年齢になって若い子たちにどんな言葉をかけられるかな、と考えた時に「ああ、そのとおりなんだ」と気づいた。

少なくともバレエの技術については、私は趣味でやっている人より人生をかけてきたので誰かがそのレベルに至るまでどのくらい練習をしてきたのかは想像がつく。

どれだけ努力したからそのレベルにあるのか、その点において性格に難があっても(笑)無条件に信頼ができる。

もし若い子が他者と比較して自分は踊れないな、ダメだなと自信が持てなかったとしたら、

「上を見ればうまい人はいくらでもいるけれど、今のあなたのレベルに達することでも片手間でなれるレベルではないでしょう?」

と声をかけてあげられるんじゃないかな、と。

(余談)
そんなことを考えていたところ、ベストセラー「7つの習慣」でも似たようなことを書いていた。こういうタイミングってあるもんで。
※まさかの広告オチ(^_^;)

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

この記事は公開から1年以上経過しています。
情報が古くなっている可能性がありますのでご注意下さい

シェアする

フォローする