Godaddy版Office365は絶対に使っちゃダメ

広告

某所で私が関わる前に契約してしまったGodaddy版のOffice365にとても苦労している。

さすがに日本企業でわざわざGodaddyでのアグリケーション契約をするところは無く、情報も少ないのでGodaddy版のどこが問題か、またメリットも書いておこう。

私自身初めてのOffice365利用で(個人的にはGsuite利用中)経験不足もあるため勘違いもあるだろう。それを差し引いても、声を大にしてやめておけ!と叫びたい。

検証はGodaddy版Office365(以下Go365)とMicrosoft公式サイトで2ヶ月試用(以下、試用版)させていただいた結果である。

ログインが二段階

portal.office.com あたりを開くとリダイレクトされる最初のログイン画面 https://login.microsoftonline.com 。この時点ではMSのサイトである(現在リデザイン中らしく、二種類の画面から選べる。シンプルなほうが新デザイン)。

ここでログインするメールアドレスを入力、または選択すると次のGodaddyに遷移し、パスワードを入力することになる。

これな、毎回な。メンドー of メンドーサ。

Wifiアクセスポイントが変わるたびにログインを求められる(iPhone版)→解決したらしい

私自身はAndroidユーザーなので直接確認できていない案件。
他の従業員曰く、Wi-Fiアクセスポイントが変わるたびにアプリのログインを求められて超面倒、と。

Outlookを開くたびにGodaddyにパスワードを求められる・・・・苦痛ですね。
Office立ち上げ段階の少人数で、個人スマホ利用にとくに規制もかけていなかったので、セキュリティ的な観点からはありだがそのへんをコントロールできないのは困る。

事実、数ヶ月経ち、同じような条件でログインを求められなくなった、と。なんじゃこりゃ。

なおGodaddyのサポートセンター(シンガポールのセンターで現地の方が日本語対応してくれる)は、たどたどしい日本語で「お客様、それはスマホかアプリの問題なのでこちらには関係ありません」的なことを言ってくれた(そういうマニュアルの模様)。

日本語力はごくまれに上手な方もいるが総じてカタコトなので、私が英語で尋ねたほうがストレスは溜まらなかったかも知れない。
(話題が技術的なことに偏っていれば、むしろ英語は難しくない)

サポートセンターの日本語がダメダメ

前項とかぶるが、日本語がダメダメ。一人だけ男性で上手な方もいらしたが、基本ダメ。

Skype for businessで普通のSkypeにアクセスできない

管理者アカウントでSkype for bizのセキュリティ設定をいじっても普通のskypeにアクセスできない。試用版のそれではまったく問題なくアクセスできた。

ってかそもそも管理画面のデザインが違いすぎる(試用版のスクショ無し)。

なお管理画面のメッセージセンターはいつもエラー表示しかされない。

そして「サポート」の項目をクリックするとGodaddyのマイページに遷移して、そこからどうすれば良いのか、案内は無い。仕事が雑雑。

メリット:ドメイン設定が不要

数少ないメリットはドメイン屋さんのGodaddyだけあって、ドメインとOffice365の紐付けがごく簡単にできることだ。
もうね、それしかメリットありません。ほんと。

だがドメイン周りの知識無く(IT担当者なく)Office365を契約するのはかなり無理があり、知識のある方ならTXTレコードの設定は造作も無いことなのでメリットに入らないだろう。
(※と、言うものの試用版でエックスドメインにある個人のドメインで設定を試みましたが、なぜかうまく反映できませんでした。おかしいなぁ。。。)

メリット:初期費用がちょっとだけ安い

Go365を初めて購入する場合は料金が安い。1ヶ月あたり数百円安くなる。多年契約も可能である。
次回以降の追加や更新時はMS純正よりも少し高くなるようだ。

マイクロソフトさんのサポートは神だった

Godaddyのサポートがあまりにもアレでたらい回しにされ、マイクロソフトサポセンに電話をしてみた。
対応してくれた女性は神だった。ああ、女神様。

言葉遣いもすさまじく丁寧、親切。その後アグリケーション契約と判明し、サポートがMSできず、申し訳なさそうにしてくれて涙がちょちょぎれ。

試用版についての問い合わせた際の男性もすばらしかった。おそらく外部委託のサポートセンターの方々なのだろうけど感動しました。

解決策:MS版に乗り換える

Go365では複数年契約したアカウントもあり、少々もったいないが解決策としてMS純正での契約に乗り換える計画である。
元々ドメインが変わる予定があったのだ。(あるいは国内でパートナーとして運営されている会社に依頼するか)

当初かなりの時間をGo365の対応に割かれたのでプロにお任せするのもいいだろう。

まとめ

怒りにまかせて書いてみたものの、あんまり私の苦労は伝わってない気もする(-_-)
サポートセンターの対応、録音しておけばよかった。

まとめとして、Godaddy版Office365は今夜の晩ご飯に困っても契約してはいけない!!

日本企業にとっては何にもメリットがないので。

Akira

北海道出身、旅と写真と山とダンス好き。
クラニオセイクラルやタイマッサージなどのセラピストとして活動しつつ、ウェブ制作も手掛ける。
旅ネタの多い、気まぐれブログ。
詳細プロフィール

シェアする

フォローする